離婚するための調査|浜松で浮気調査なら「磐田みらい探偵所(興信所)」

浜松で信頼出来る探偵なら 磐田みらい探偵所
浮気調査の目的−離婚を目的とした浮気調査

離婚を目的とした浮気調査

浮気による離婚とは
民法では「法定離婚原因」というものが5つ定められています。
そのうちのひとつとして「相手に不貞行為があった場合」と明記されています。
つまり配偶者が不貞行為を働いた場合は、法律上でも離婚原因として立派に認められるということです。
このため自身の離婚原因である「相手の不貞行為」を立証するために、浮気調査を活用する人は少なくありません。
何故、離婚に浮気調査が必要なのか?
なにも「浮気調査をしなければ離婚できない」という取り決めはありません。
浮気を問いただして、配偶者が自身の浮気行為について全面的に認めている場合、そしてそれが最後まで一貫している場合は、浮気調査による証拠なんていりません。

しかし離婚の話し合いを進めていくうえで、相手が「有責配偶者」になることを恐れ浮気に対する事実を認めない事例が多くあります。有責配偶者になった場合、その後の離婚にまつわる様々な権利を主張する際に不利になるからです。相手の言い分を変えさせないために、浮気調査で「不貞行為の事実」を証拠として取得しておく必要があるのです。
浮気調査による不貞行為の証拠とは?
探偵による浮気の証拠は、誰が見ても、いつ・誰が・どこで・何をしたか、という全ての情報が明らかになるものなので、法廷上でも有力な証拠として利用されます。
具体的に言えば、ホテルの出入り2回以上です!


なぜ2回以上なのか?

ホテルの出入り|静岡の探偵

不貞行為を立証するためには、浮気相手との間に少なくとも2回以上の性的交渉が必要であると考えている弁護士、探偵は非常に多いです。

なぜなら、1度切りの性行為であれば、勢いに任せた、ただの過ちである可能性が高く、夫婦関係の修復は可能であると考えられているから。過去の判例において不貞行為が認められたケースのほぼすべてが「同一の相手」と「複数回の性交渉」があるものばかりです。

こうした判例を元に裁判は進められるため、やはり同一の相手と複数の性行為があることを立証しなければ、不貞行為として認められない場合が多いのです。

ただし、1度の性行為の証拠でも十分な場合がある
慰謝料請求をおこなうつもりが無かったり、離婚を前提としてない、または離婚に対してそれほど抵抗が無い人は、1度限りの性行為の証拠であっても通用する場合があります。

また、高額の慰謝料請求を予定していたり、離婚を拒まれている場合であっても、以下の様な証拠がそろっていれば、探偵社に調査を依頼して2度以上の性行為が行われた証拠を手に入れる必要性が低くなります。

■長期間交際していた事実が解るもの
■複数回の性行為があったことが推測できるもの


これらの証拠はメールのやりとりや、ホテルの領収書、本人や浮気相手の証言、もしくは第三者からの証言によって得られます。

探偵に安心してご相談ください!

このページの先頭に戻る